アジアエイジングサミット

シニアの方のお話をお聞きするのが仕事なので、勉強してきました。http://www.nikkeibp.co.jp/aging/summit/2013/  国立長寿医療センターの主催でしたが、あらら、仙谷由人氏、野田毅氏などの政治家も演壇に登壇しておりました。が、政治家口調って眠くなりますねぇ(苦笑)。 加齢に伴う目、耳、関節、脳、などの機能低下。それらを予防する、あるいは低下を止める、などの議論や、予防のための全国的なヒトの遺伝子の調査、食事のこと、死生観、住宅、金融といった広いテーマが取り上げられていました。 最終日には、破たん寸前の社会福祉財政を前に、日本がこの超高齢化社会をどうしていくのか、高齢者になっていく自分たちがどうなりたいのかを問うディスカッションで終了しました。なかなか考えさせられる内容でした。 よく生きた、と思える人生を送れるために、弊社も何らかのアプローチをしようと思いを新たにしました。

ファミリーヒストリーの記録法セミナー、ご来場ありがとうございました!

昨日11/9(土)足立区の東京芸術センターにて、セミナーを行いました。家族の歴史やご自身のルーツを探る方法について、弊社が持つノウハウのありったけをお話させていただきました。28名もの方にお越しいただき、熱心に耳を傾けていただいていたようで、講師としても本当に嬉しく思います。2時間聞くばかりでしたので、次回は古文書の難しい字を解読してもらったり、簡単な家系図を書いてもらったり、聞き取りを隣同士で試してもらったり、そんなことを取り入れてより楽しく参加できるようにしたいと思っています。家族の歴史やご自身のルーツを知る手がかりを、少しでもつかんでいただければいいなぁと思っております。ご来場、本当にありがとうございました!!

ファミリーヒストリーは近現代が重要!!

外交史料館や東洋文庫で近現代の歴史資料を調査しています。そこで使うのが「マイクロフィルムリーダー」。画像は手回しタイプ。読み取るのに苦労します~。そして何も得られないこともあります。それでも調査は続く...防衛研究所にも行きました~

家紋は美しい

よく利用させていただいているサイトに以下のような家紋Worldさんがあります。制作されている方の家紋好きが伝わってくるサイトになっています。 同時に使用している家紋辞典にも掲載されていないものもあり、なかなかの資料です。 それより何より、家紋って単純なデザインでも一目で違いを見分けられるので、会社のマークやロゴのデザインにも使えそう、なんて思います。みなさんのお宅はどんな家紋ですか?

 http://www.harimaya.com/kamon  「ファミリーヒストリーの記録法」セミナー、引き続き参加者募集中です。お早目にどうぞ~。

千住宿家並変遷図

地元の情報を仕入れようと、足立区立郷土博物館へ行ってきました。 江戸時代に徳川幕府は農業を振興するため、足立区、葛飾区、江戸川区とその周辺に新田を整備しました。その際43ヶ所の新田のうち、20ヶ所が足立区にあったそうです。今、地名に残る新田や佐野、バス停名の小右衛門などはそのなごりなんだそうです。 また、江戸四宿のうち最大だった千住宿。ついつい千住宿家並変遷図というものを買ってしまい、昔の旧日光街道の街並みを想像しておりました。   11月6日からは「大千住展」とやらいう企画展示するらしいです。ちょっと不便なところにありますが、小さな庭園もあり、台風一過の空のもと、風が気持ち良かったです。http://www.city.adachi.tokyo.jp/hakubutsukan/chiikibunka/hakubutsukan/index.html

ファミリーヒストリーの記録法~家系図、古地図から聞き取りまで~

みなさんは、ご自分のファミリーヒストリーをご存じですか? お父さん、お母さん、お祖父さん、お祖母さん、さらにさかのぼったご先祖さまについて、調べてみたいと思ったことはありませんか?  どうやったら調べられるんだろう、どのように記録すればいいんだろうとお思いの方に、セミナーを企画しました。ファミリーヒストリー記録社が試行錯誤しながら蓄積してきたノウハウをご紹介します。

日時 2013年11月9日(土)午後17:30~19:30 (開場17:15~) 場所 東京芸術センター http://www.art-center.jp/tokyo/    北千住駅西口から徒歩10分 参加費 無料 人数 30人 講師 ファミリーヒストリー記録社代表 吉田富美子    ホームページ http://familyhistory.secret.jp/    フェイスブックページ http://www.facebook.com/familyhistoryrecord    ブログ http://ytencho.familyhistory.secret.jp

内容 家系図の調べ方、作り方

古地図の調べ方、利用の仕方

聞き取りの方法

記録法など

参加申し込み    ①お名前 ②ご住所 ③メールアドレス なければ電話・FAX番号(こちらからご連絡する場合に使用します)    ④参加理由、これまでのご経験(家系図を作ったことがあるなど)    info@familyhistory.secret.jp までお申込みください。お問合せも同メールアドレスまでお寄せください。 みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

武家のファミリーヒストリーを調査

国立公文書館へ行ってきました。そこで調べたのが寛政重修諸家譜原本。1500年代以降1800年くらいまでの武家の代々の記録が記録されています。 有名な合戦で功を挙げ何百石、という記録は多いですが、何か失態をしたという記録も…。 なんと1520冊もの綴りがあり、写真はひの索引です。実際には22冊に製本されたもので調査しましたよ。周囲には古文書を閲覧しながらデジカメで撮影している方々が…公文書館、まだまだお宝がありそうです~

印刷製本されたものは都内図書館でも置いてありますので見てくださいね。

 

古地図さがし

明治~昭和の古地図を探すため、すみだ郷土文化資料館へ行ってきました。スカイツリー駅に降り立ち、スカイツリーを背中にして隅田川方面へ。 天気が少々悪い日だったためか、ほとんど来館者がおらず(寂し~)、とても静かに調べ物ができました。目的の古地図は見つかり、時代時代で変化していく様子がよくわかりました。特に墨田区は関東大震災、東京大空襲などで壊滅的な被害を受けている場所です。 誰もいない展示室でそんな歴史に触れて帰ってきました。 スカイツリーに上るのは、もうしばらく後にしましょ。 http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/siryou/kyoudobunka/riyou_annai.html

ファミリーヒストリー、選べる表紙デザイン

ファミリーヒストリー記録社では、表紙デザインを選べます。その見本をホームページにアップいたしました。是非ご覧になってください。以下のサイトの表紙欄のサンプルをクリックしてください。

添付画像は、そのうちの一つ女性に人気の花柄です。

http://familyhistory.secret.jp/plan03.html