「商品案内」カテゴリーアーカイブ

年末進行

 年末進行

 気ぜわしい年末になりました。早いですね~近況です。

・某国のEMSがなかなか届かなくて、心配して追跡調査をしていましたが、無事お手元に届き「一生ものなので作って良かった。子供たちに伝えられます」と喜んでいただきました。

・ご先祖の日記や自叙伝の冊子化、3件同時進行。モノクロでもこんなに表現の幅があるのだと、弊社デザイナーチームのデザイン力に惚れぼれ。今生きている人たちに伝えるには見た目も重要ですね。

・ファミリーヒストリーも数件、年内に納品できるかどうかのギリギリのスケジュール。再調査、組版、校正、頑張っています。

・戸籍謄本や軍歴のテキスト化も増えています。明治時代の全国の達筆なお役人の文字はなかなか難儀です。

・地方スタッフと東京スタッフで共同で現地調査に行ってもらって、社内交流も進めています。たまにはスタッフみんなでリアルに顔を合わせたいものです。来年こそ。

・下半期、かつてのご依頼者や、ご依頼者のお父さまが亡くなりました。この仕事をしていると避けられませんが、一族の歴史をご遺族に残せたことは良かったのではないかと思います。

・先日発行した本の印税が…(^^)/初めてなので、通帳をまじまじ見てます(笑)頑張れそうです。

https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/

創業10年目となりました。

 創業10年目となりました。

 が、何を祝うでもなくこつこつと仕事をやっていました。近況です。

・年末に向けて、社史、ファミリーヒストリー書籍、ルーツ調査報告、全系統系図、両家系図など完成間近ですが、ずっと残るものですので、校正は何度もしっかりと行っています。

・江戸時代から歴史のある一族、お若い方からのファミリーヒストリーのご依頼、家系図からルーツ調査への移行、家系図から墓地調査への移行など、新たなお仕事も増加中です。

・先日は初めての出版だったので、契約書について専門家に相談したり、もっとたくさんの方に知っていただくように頑張りたいなと思っています。

・スタッフの体調不良が重なり、仕事も増加中。でも一歩一歩を忘れずに10年目を邁進いたします。

 写真は皆既月食時の小菅荒川土手にて、月の反対側の夜景を写したものです。北千住側ですね。気持ちがすっとする風景でした。

 年末に向けて体調を崩さぬよう頑張りましょう。

近況

 近況

・軍歴の申請作業を立て続けに行っていて、残っている県、太平洋戦争以降からしか残っていない県、いろいろありました。また、終戦記念日以降、ずいぶん増えたんですが何かありましたか? と聞かれ、すそ野が広がっていることを痛感します。

 その中で悲しかったのは、多くの県で三親等までの申請、つまり甥姪までは申請可能なのですが、祖父の兄弟が従軍し、その兄弟には子供がいなかった場合、もはや誰もその方の記録を見ることができないのか、というケースがありました。四親等まで拡充してほしいです。

・海外に暮らしていて家系図をご依頼いただいた方、第一稿を見て感激しました! という喜びのメールがきました。

・簡易報告書を納品した直後に、菩提寺からお電話があり、ご近所の同姓の家を訪ねて下さったお話をお聞きしました。加筆して再入稿しました。

・三陸で被災した家で、水に浸かってしまった資料を100頁以上スキャン。砂や泥を除きながらの作業はなかなか大変です。スタッフもお疲れさんです。

・戸籍謄本、日記や往復書簡、軍歴証明などのテキスト化も増えており、これについては若い方よりもシニアの方が読み取れるかもしれませんね。

 写真は本日の関東某所です。こんなにスカッとした空だったんですね。

初めての書籍、発売です。

初めての書籍、発売です。

 これまでお客さまの本は、100冊以上制作してきましたが、自著は初めてです。たっくさんの画像を挿入し、具体的にわかりやすく解説するよう心がけました。

『自分でできる ファミリーヒストリーを調べよう!』書店などで見かけたらお手にとってみてください。結構大きくて重いです(笑)

TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ」に登場しました~(^^)/

TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ」に登場しました~(^^)/

https://radiko.jp/#!/live/TBS

 7:39頃から5-6分でしょうか。現場にアタックのコーナーで取り上げていただき、終戦の日にあたって、戦争は日頃の業務にどう影響を与えているかをコメントしています。30年来の憧れの番組でしたので、嬉しかったです~担当の近堂さんとお話できました💛

 良かったら聞いてみてください。

オンラインセミナー終了

 オンラインセミナー終了

 昨日は初めて竹の塚オフィスから、オンラインセミナーを発信しました。諸事情により(ファンデーション事情(*_*;)マスク着用のまま。動作は、ちょっとまだ画面切り替えにもたつきます。

 これまでも女性比率が高かったのですが、今回は全員女性でした。昔は家系図やルーツというと大人の男性というイメージがありましたが、今や時代も目的も変わってきたのでしょう。すそ野が広がっているようで嬉しいです。

 そんな人気は、やはりNHKファミリーヒストリーの影響は大きいですね。今夜はいとうあさこさんです。確か良家お嬢様でしたよね~楽しみです。

https://www.nhk.jp/p/famihis/ts/57RY735RG4/

泣けます。

泣けます。

 2週間アップしていませんでしたが、毎日頑張っておりました。近況です。

・シベリア抑留されて現地で亡くなり、平成に入って遺骨が収集され、ご遺族のもとに帰ってきた方。戻ってきた経緯に、鳥肌が立ち、泣けてきました。

・調査の基本は戸籍謄本ですが、しつこくしつこく申請します。役所への電話で「ありましたかっ!!」などと叫んでいる私です。

・ご自身で全系統を現地の役所に足を運んで集められた方もいらっしゃいました。それでもまだいけるかも? と申請しています。

・弊社のファミリーヒストリーはご存命の方の半生と、一族のルーツ調査で1冊の本に仕上げますが、笑えたり泣けたり感心したり、どの方のファミリーヒストリーもご先祖の足跡そのものが心を動かしています。…伝えるライターの力も弊社の自慢です(^^)/

・6/26日曜日13:00-15:00はオンラインの「ファミリーヒストリー」調べ方セミナーです。以下より申し込んでください。
https://www.megurogakuen.co.jp/course/13477/

写真はお客さまからのいただきものでした。

https://www.megurogakuen.co.jp/course/13477/

感動した!

「感動した!」
 …とお電話をいただきました。家系図のお客さまで、簡易報告書の第一稿をお送りしてすぐでした。 
 戸籍謄本から家系図を書き起こすことによって、親族関係がわかること、知らなかった江戸時代生まれの先祖がわかること、一覧して自分に繋がる人が大勢いることに気付きます。 
 簡易報告書では、戸籍謄本から得られるそれ以外の情報を読み解くことで、時代時代の家族の暮らしぶりが見えてくるよう解説しています。家系図を見る時の理解を何倍も増幅してくれます。
 既に家系図をお持ちの方にも、弊社の簡易報告書が役に立つのではと思います。  
※写真はあんこ好きの私も喜ぶ、うさぎやさんのどら焼き。

お客さまの声です。

 お客さまの声です。
 軍歴解説「従軍の足跡」のお客さまからご感想です。ありがとうございます! 以下近況です。

・某市で止まってしまった戸籍謄本取得、間が無しで、本籍地も他の資料からの類推でしたが、別の某市から取り寄せることができ、大喜びしていました。良かった…!!
・何通が発送したお手紙に、半数以上の回答あり。そしてその後にお客さまとの交流もできた嬉しいケース、複数の案件でありました。
・ご自身で調査をしてから、弊社にいらっしゃるケースも多いです。こちらで多数の資料を見つけお送りすると、やっぱり依頼して良かったとおっしゃられます。頑張ってくれる調査スタッフのおかげです。
・家系図に付随した簡易報告書を見て、「新たな夢ができた!」とルーツ調査に進む方もいらっしゃいます。
・軍歴証明を活字化だけしてほしい方、戸籍謄本の取得のみ依頼される方、いろいろなご依頼に対応しております。

生セミナーでした。

生セミナーでした。
昨日は新潮講座で、リアル開催でしたが5名の受講生が来てくださいました。終了後はいつもアンケートを取ります。戸籍謄本の女性の名前、変体仮名は若干難しめのようです。でも読めたら嬉しいですよね~「戸籍謄本の崩し字講座(仮名)」もやりたいなと思っています。

今夜のNHKファミリーヒストリーは前川清さんですね。楽しみです。