「商品案内」カテゴリーアーカイブ

字が○○過ぎて読めない!!

字が○○過ぎて読めない!!
せっかく取寄せた最も古い戸籍謄本の文字が、達筆過ぎて読めない、小さすぎて読めない、旧字で読めない、そんな方から多くお声掛けいただきます。 ワード・エクセルで活字化しています。困った時はお問い合わせくださいね。
写真はここのところ出没していた場所です(^^♪ 

日中戦争の足跡を記録…

日中戦争の足跡を記録…
…するために白地図を用意。ご先祖が、こんなに広い地域を歩兵として歩いたんだと思うと、びっくりするのとやりきれない気持ちと両方です。

 夏休み明けも問い合わせ増加中。やっぱり調べなくてはと思うんですね。ご自身でトライした方には新潮講座あります(^^♪

 新潮講座のメリットは、事前アンケートがあって詳しくお書きいただければ、お困りの部分について各自にアドバイスできるところです💛

【歴史調査の発展的な事例紹介】

「埋もれた庶民史に光をいれ、今に伝え、ゆかり地域に伝える」
 2015年の夏、「自分史フェスティバル」にてお会いした花香さまにルーツ調査を依頼されました。 当初は花香姓のルーツが知りたいという内容でした。 2016年、様々な調査の末、縁戚に1人の自由民権運動の志士がいることがわかりました。 歴史報告書を納品した後の花香さまの行動力がすごかった! 斜めになったその祖先のお墓を、管理されている方に許可を得て整備し、 学術文献の著作者にも許可を取り、地元の資料館にかけあい、活動の足跡を公開できるまでにこぎつけました。
弊社がご協力させていただいた調査が、一族の宝としてだけでなく、地域の財産として末永く保存され住民に共有されることになりました。大変嬉しい出来事です。
公開は以下URLを見てください。ご興味のある方は御覧になってみてはいかがでしょうか。
http://www.city.asahi.chiba.jp/yugaku/tenji/oytenji_r01kikaku019.html

ワニ柄の歴史報告書(^^)/

ワニ柄の歴史報告書(^^)/
案外しっくりきていると思ったのが、今回お客さまのお好みで製本したワニ柄の歴史報告書。重厚感あります。
世の中に二つとない、一族の本。カバーもいろいろ選べます。

【お知らせ】お盆前に一族のルーツを調べてみましょう。6/16日曜日の新潮講座でお待ちしています。(宮部みゆきさんの隣にチラシを置いてみる(苦笑))
https://kohza.shinchosha.co.jp/shincho/asp-webapp/web/WKozaKensaku.do

昨日の日経新聞夕刊に取り上げられました。

昨日の日経新聞夕刊に取り上げられました。
提携先の「親の雑誌」で有名なこころみさまの記事の下の方に、弊社サービスについても取り上げていただきました。弊社のような、系図作成だけでなく歴史の足跡を調べ尽くす会社があることはまだまだ知られていません。
親御さんへのプレゼントにと調査制作を始めてから1年(かかることが多いです…)
「まだできないの?」
「楽しみにしてるから頑張って」
「へぇぇ、こんな祖先がいたの」
など、ご親類で盛り上がっているようです。
ご期待に沿うよう、引き続き頑張っていきます。

週末は個人情報保護士の勉強

週末は個人情報保護士の勉強

写真は上智大の帰り道。以下最近のあれこれ。

・アメリカの大学の大正時代の文献を、弊社海外担当が取寄せてくれました。デジタル化されていない文献(^^)/
・3年前から歴史調査しているお客さま、お寺さんから手紙の返信があり、やっとまとめる決心がつきました!
・新聞や専門誌に掲載され、不思議な問い合わせ多数。お悩み相談的な長電話もありました。応援メールや古いデータのご紹介もありました。ありがたいことです。
・超難関の調査案件、解決を目指して一筋の光を探しています。資料を探す粘り強さ、根気、それが本当に必要な仕事だと痛感しています。ファイト~(^^)/

できたての巻物(^^)/

できたての巻物(^^)/
色柄が素敵な巻物、本日お客さまに発送しました。喜んでいただけるといいなと思います。
今週はファミリーヒストリー書籍入稿も2本、どちらも150ページを越えた大作です。詰めの段階はお客さまとの共同作業。何度も確認!!

この頃のこと

この頃のこと
 
・SAMさんは「一流になれ」「真面目にやるんだ」という父の言葉で頑張ってたんですね。
・1年かけた現地調査入りのルーツ調査、本日納品。喜んでいただけるかな(^^)/
・既に1年半と2年かかっているファミリーヒストリー2件が、大詰めにきています。やはりお子さんお孫さんに繋ぐものなので、いいものにしたいという思いで寄り添って進めています。
・秋から新規にご依頼いただくことが多くなってきています。関西、関東、そしてやはり調査地区は長野県と広島県が多いのでした。
・4年前にルーツ調査したお客さまが、その後郷土資料館への展示にまであと一歩とのご連絡。歴史に埋もれていた人物が現代によみがえります。
・古文書の目録化、選択後の翻刻も継続しています。ちなみに先日のサービス発表は35webメディアに取り上げていただきました。感謝です。
・いろいろ出かけていますが、つい映える写真が取れず文章のみにて失礼いたしました~<m(__)m>