「商品案内」カテゴリーアーカイブ

戸籍謄本が読めない

戸籍謄本が読めない
 ご先祖を知りたくてせっかく戸籍謄本を取り寄せたのに、江戸時代末期生まれのご先祖の名前も、代々暮らしていた本籍地も、全然読めない…という方が多くいらっしゃます。 
 ◆戸籍謄本翻訳サービス、始めました。https://familyhistoryrecord.jp/lineup/familyregister.html
 写真は、結局休館が続く国会図書館です。遠隔複写サービスなどがありますが、それでも調査業務上は痛いお休みです。やっぱり直接閲覧するのが一番! 落ち着くことを祈っています。
 弊社ホームページもスマホで見やすくなりました。ふらっとお立ち寄りください(^^)/

日中戦争時の兵士の足跡

日中戦争時の兵士の足跡

軍歴証明を取得した方の足跡を地図に記録していました。
やはり現地の地図にはマイナーな地名も載っています。
昔出張で使った地図帳が役にたちました。一応第二外国語で中国語を選択していたのも、簡体字を理解できてラッキーでした。

今週末のNHKカルチャーは柏、来週末は福山・広島です。地方スタッフや代理店を探す旅でもあります。

全国スタッフが頑張ってくれています。

全国スタッフが頑張ってくれています。

・写真は関西のお稲荷さん、ご先祖の名前を探しに行った時のもの。いくつか発見し、お寺さんと神社から良い情報が得られました。

・北海道からは、図書館に、古老の記憶で作成した昔の地域のパネルがあり、ご先祖の名前も見つかりました。

・国会図書館では大正時代の大学卒業生名簿にご先祖の名前を発見。

・軍歴証明から、背景となる歴史や戦場の状況を解説してくれるスタッフも、既に何件もご報告。

・手書き古文書のテキスト化と、崩し字の翻刻をしているスタッフも3名。

・長野県ではお手紙を書いてお電話した方から貴重な情報をいただいたり、ある団体会報からご先祖の生前の姿が浮かび上がったり…等々。


年末年始の家族へのプレゼント、一周忌の法事に合わせた報告書の納品、何とか間に合ってほっとしています。

DSC_4989

軍歴証明は取得したけれど…

 軍歴証明は取得したけれど…

父や祖父、叔父などの軍歴証明を取得するお手伝いを数十件させていただいています。

少し面倒ですが、何とか取得できた! 問題はその後です。

文字が読みづらい、旧字、くせ字が読めない

輜重兵って、野砲兵って、近衛兵って何?一等兵、上等兵、伍長…どういう立場?

なぜ中国のここにいたの? フィリピンではどんな戦いだったの? どんな隊で普段はどういう暮らしだったの?

同じ隊に所属した兵士が書いた手記も集めながら、解説も行っています。軍に詳しいスタッフが複数。少年飛行兵に特化して詳しい協力者もおります(^^)/。

※写真は最近納品したフォルダータイプの家系図開閉と黒い革状の表紙の歴史報告書です。

ルーツ調査報告が…!

【歴史報告書を活かした活動報告】
 旭市大原幽学記念館企画展示「あさひ 羽ばたいた人々」は旭市出身の偉人を取り上げ、その中でいままで旭市では取り上げられなかった花香恭次郎が始めて紹介されました。
 これは当社顧客である花香さまの強い働きかけによるものです。
 2015年、花香さまからルーツ調査の依頼を受け、約1年の調査の結果、花香一族は千葉県にルーツがあること、さらにご先祖ご親族に「花香恭次郎」の存在を見いだしました。その功績などを合わせてご報告したところ、ご自身でもさらに調査を進められ、資料を携えて旭市に伝えたところ、今回の展示につながったのです。

 花香恭次郎とは江戸生まれですが、旭市萬歳の名家花香家の養子となり、明治に入ると福島新聞の編集長・発行人となり、自由民権運動に身を投じました。自由民権運動の礎となった人物です。

企画展のページ
http://www.city.asahi.chiba.jp/yugaku/tenji/oytenji_r01kikaku019.html
会期は11月24日(日)まで

 弊社の調査が、地域の隠れた名士を掘り起こすきっかけとなったことは、本当に嬉しいことです。これからも皆さんのご先祖ももちろんですが、今は忘れられているけれど地域に貢献してくれた方々の足跡に光を当てる、そんな仕事をしていきます。

国会図書館に納本してまいりました。

国会図書館に納本してまいりました。

 弊社の主な歴史報告書は個人情報満載で、極めて少部数ですので納本はしていませんが、時々は部数も多く、国会図書館に納本することもあります。
 今日は雨降る中、納本してまいりました。1Fのカウンターで、我が子の様な本2冊とお別れしてきました。長く大切に読んでもらえると嬉しいです。
 昨日の瀬古選手のファミリーヒストリー、何度も泣いてましたね~ご本人が知らない事実を、周囲の家族・親類が知っていることも多いです。 聞き取りは、大事な調査記録手法ですが、第三者の方がいい場合もありますのでお声掛けください。

字が○○過ぎて読めない!!

字が○○過ぎて読めない!!
せっかく取寄せた最も古い戸籍謄本の文字が、達筆過ぎて読めない、小さすぎて読めない、旧字で読めない、そんな方から多くお声掛けいただきます。 ワード・エクセルで活字化しています。困った時はお問い合わせくださいね。
写真はここのところ出没していた場所です(^^♪ 

日中戦争の足跡を記録…

日中戦争の足跡を記録…
…するために白地図を用意。ご先祖が、こんなに広い地域を歩兵として歩いたんだと思うと、びっくりするのとやりきれない気持ちと両方です。

 夏休み明けも問い合わせ増加中。やっぱり調べなくてはと思うんですね。ご自身でトライした方には新潮講座あります(^^♪

 新潮講座のメリットは、事前アンケートがあって詳しくお書きいただければ、お困りの部分について各自にアドバイスできるところです💛

【歴史調査の発展的な事例紹介】

「埋もれた庶民史に光をいれ、今に伝え、ゆかり地域に伝える」
 2015年の夏、「自分史フェスティバル」にてお会いした花香さまにルーツ調査を依頼されました。 当初は花香姓のルーツが知りたいという内容でした。 2016年、様々な調査の末、縁戚に1人の自由民権運動の志士がいることがわかりました。 歴史報告書を納品した後の花香さまの行動力がすごかった! 斜めになったその祖先のお墓を、管理されている方に許可を得て整備し、 学術文献の著作者にも許可を取り、地元の資料館にかけあい、活動の足跡を公開できるまでにこぎつけました。
弊社がご協力させていただいた調査が、一族の宝としてだけでなく、地域の財産として末永く保存され住民に共有されることになりました。大変嬉しい出来事です。
公開は以下URLを見てください。ご興味のある方は御覧になってみてはいかがでしょうか。
http://www.city.asahi.chiba.jp/yugaku/tenji/oytenji_r01kikaku019.html

ワニ柄の歴史報告書(^^)/

ワニ柄の歴史報告書(^^)/
案外しっくりきていると思ったのが、今回お客さまのお好みで製本したワニ柄の歴史報告書。重厚感あります。
世の中に二つとない、一族の本。カバーもいろいろ選べます。

【お知らせ】お盆前に一族のルーツを調べてみましょう。6/16日曜日の新潮講座でお待ちしています。(宮部みゆきさんの隣にチラシを置いてみる(苦笑))
https://kohza.shinchosha.co.jp/shincho/asp-webapp/web/WKozaKensaku.do