「日々の雑感」カテゴリーアーカイブ

オンラインセミナー終了

 オンラインセミナー終了

 昨日は初めて竹の塚オフィスから、オンラインセミナーを発信しました。諸事情により(ファンデーション事情(*_*;)マスク着用のまま。動作は、ちょっとまだ画面切り替えにもたつきます。

 これまでも女性比率が高かったのですが、今回は全員女性でした。昔は家系図やルーツというと大人の男性というイメージがありましたが、今や時代も目的も変わってきたのでしょう。すそ野が広がっているようで嬉しいです。

 そんな人気は、やはりNHKファミリーヒストリーの影響は大きいですね。今夜はいとうあさこさんです。確か良家お嬢様でしたよね~楽しみです。

https://www.nhk.jp/p/famihis/ts/57RY735RG4/

お客さまの声と現地調査中の様子

お客さまの声と現地調査中の様子

 ルーツ調査のお客さまからアンケート回答が届きました。「戦略経営者」に掲載された記事を読まれたのかなと思います。で、何となく恥ずかしいので某所で撮影した最近の姿をアップ(*_*;

① 貴社を選んだのは・・・・・

金融機関の冊子に、貴社のことが載っていたからです。

何よりも その写真に写っていた吉田さんの 優しい

表情に惹かれ安心してお願いいたしました。

②障壁について・・・

  購入前には全くなく、即断即決でした。

期中、コロナ感染が拡がり、私自身も亡父の故郷「鹿児島」

へ行く機会が無くなったこと。 情報提供可能だと云って

おられた方がご高齢で、お亡くなりになったこと。

 このことが障壁でした。

③メリット・・・

 ルーツを辿ってくださる「特派員」が全国に多数

おられることに気付かされました。その方々のご苦労の

お陰で完成したと思うと感謝感激です。

泣けます。

泣けます。

 2週間アップしていませんでしたが、毎日頑張っておりました。近況です。

・シベリア抑留されて現地で亡くなり、平成に入って遺骨が収集され、ご遺族のもとに帰ってきた方。戻ってきた経緯に、鳥肌が立ち、泣けてきました。

・調査の基本は戸籍謄本ですが、しつこくしつこく申請します。役所への電話で「ありましたかっ!!」などと叫んでいる私です。

・ご自身で全系統を現地の役所に足を運んで集められた方もいらっしゃいました。それでもまだいけるかも? と申請しています。

・弊社のファミリーヒストリーはご存命の方の半生と、一族のルーツ調査で1冊の本に仕上げますが、笑えたり泣けたり感心したり、どの方のファミリーヒストリーもご先祖の足跡そのものが心を動かしています。…伝えるライターの力も弊社の自慢です(^^)/

・6/26日曜日13:00-15:00はオンラインの「ファミリーヒストリー」調べ方セミナーです。以下より申し込んでください。
https://www.megurogakuen.co.jp/course/13477/

写真はお客さまからのいただきものでした。

https://www.megurogakuen.co.jp/course/13477/

千住の風景と近況と

 千住の風景

 千住二丁目のバス停から写した2枚。大橋医院さんと、アーケードに降るミストです。暑さが少しはやわらぎそうです。

 以下近況です。

・両家系図から発展して、部分調査をご依頼いただくことが多くなってきました。ピンポイントでお知りになりたい家族の歴史も、やはりずっしりと重い歴史の数々です。

・戸籍謄本が間違っているのか? 時代の混乱で届け出が遅れたのか? 続柄はどうなのか? 戸籍謄本だけでは謎が残ることもあり、ご依頼者の証言が貴重になります。

・創業一族史は、家族のルーツだけでなく、当時の社会情勢やその足跡の理由となる出来事も掘り下げています。企業には、社史とは異なる側面でまとめる歴史資料も必要ですね。

・家系図を作成しているスタッフが「本当におもしろーーい!」と言って集中して頑張ってくれています。「謎解きみたいなところが理系向きでは? 」とも言っていました。

・ファミリーヒストリーで、序章を書き始めると、この一族にはどんなものが流れているのだろうと考えます。共通点があるのか、個性的なのか開拓者なのか守り続ける人々なのか…その方向性が見えてくると、ぐっと完成に近づいていきます。何年もお待たせしてすみません~<m(__)m>

 6月に入りました。夏の暑さにも湿気にも負けず頑張りましょう。

市電に乗りました。

 市電に乗りました。
 なんだか嬉しくなる路面電車(笑)昨日は熊本でした。その足で益城も行きましたが、2016年の地震から6年になりますが、頑張って復興している姿を見ました。まだ痛々しいところもあり、地震のすさまじさを改めて感じました。

感動した!

「感動した!」
 …とお電話をいただきました。家系図のお客さまで、簡易報告書の第一稿をお送りしてすぐでした。 
 戸籍謄本から家系図を書き起こすことによって、親族関係がわかること、知らなかった江戸時代生まれの先祖がわかること、一覧して自分に繋がる人が大勢いることに気付きます。 
 簡易報告書では、戸籍謄本から得られるそれ以外の情報を読み解くことで、時代時代の家族の暮らしぶりが見えてくるよう解説しています。家系図を見る時の理解を何倍も増幅してくれます。
 既に家系図をお持ちの方にも、弊社の簡易報告書が役に立つのではと思います。  
※写真はあんこ好きの私も喜ぶ、うさぎやさんのどら焼き。

東京新聞に掲載されました(^^)/

 東京新聞に掲載されました(^^)/
 本日の東京新聞に弊社の記事が掲載されました。「だけど私は…」というシリーズもので、取り上げていただきました。 昨夜7時まで、記者さんから文言の確認のお電話をいただき、やはり大変な仕事だなぁと感心しておりました。
 本文は掲載できませんが、雰囲気だけでもご覧ください。
 昨夜もNHKファミリーヒストリーでは、北村一輝さんの3系統のルーツが明らかになり、120軒の前城さん宅に問い合わせした部分はさすがと思いました。

シベリア抑留記録は3ヶ月、海軍の軍歴証明2ヶ月かかりました。

 シベリア抑留記録は3ヶ月、海軍の軍歴証明2ヶ月かかりました。

 近況です。
・東京都に問い合わせした軍歴証明は、電話で「ある」と回答があってから書類が届くまでに約1ヶ月、取得までどのくらいかかるでしょうか。きっと混み合っているのでしょう。担当者の方にはお疲れさまと言いたいです。他の道府県の軍歴証明は、早いところでは1-2週間で届くところもありました。
・厚労省からのシベリア抑留記録は、平均して3ヶ月というところでしょうか。普通の軍歴証明の場合は平均2ヶ月くらいですかね。
・特に今、ウクライナのこともあり、軍歴証明の解説を読んで他人ごとではない感慨を抱くようです。祖父や父がどんな気持ちで戦地にいたのか…

 写真は地元足立区伊興の縄文時代の竪穴式住居。亡霊のように建っているマネキンがコワイ。

作業効率あっぷ

 作業効率あっぷ
 先週13日に発売になった94円シール切手を、枚数限定だったので郵便局に何度も足を運んでいました。すると140円と120円も発売していますとのこと。 
 もちろん購入しました。事務作業の効率が格段にあっぷします。

 実は私はシール好き。昔家の壁に貼って怒られた記憶があるので、その反動でしょうか(笑)

お客さまの声、更新しています。

 日本相続学会さまで2018年に講演させていただき、そのご縁でご依頼いただきました。 家系図を作っている間、叔母様たちとの賑やかなやり取りが伝わってくるようです。「愉しいひとときになった」と言っていただき、嬉しい限りです。その他近況です。

・某新聞に取材をしていただきました。2時間ねほりんはほりん。いつもは私が聞き役だったのに、話す側になってかなりあいまいな回答ばかりして、後で履歴書を見たら全然違った…ということが多々あり。人の記憶ってそんなものかと改めて自覚しました。
・お客さまの戦死したお父さまの故郷に出した手紙、何人もの方から反応があり、電話の向こうで喜ぶお客さまに「やりましたね! 良かったですね!」と私も一緒に喜んでいます。
・潜入取材の最後にお渡ししたアンケートが郵便で届いています。本当に愛されているご夫婦だと改めて深く感じいりました。
https://familyhistoryrecord.jp/customer.html#customer