「ファミリーヒストリーの調べ方」カテゴリーアーカイブ

わが社のスタッフ紹介

 わが社のスタッフ紹介
 ホームページにわが社の頼れるスタッフの紹介をしています。一度見にきてください(^^)/
https://familyhistoryrecord.jp/about/member.html

 さて数か月前にこの欄で書いた、納品前に他界してしまった方のことです。 
 昨日その方の名義で残金のお支払いがありました。一瞬、どなただろう??? と思って顧客名簿を確認、その方と判明しました。三回忌後、ご遺族が発見されたのでしょうか。確かにこんな梅雨の季節でした。 
 南西の方向に手を合わせました。

全国スタッフ、すごいっ!!

 全国スタッフ、すごいっ!!
 今、東京がこんな状況でも、全国では地方スタッフによる調査が進められています。

・北海道のキーパーソンに連絡を取り、最初の反応が良くなかった中、戸籍謄本を取得するまでに至りました。
・愛知県の某所に赴き、地域の古老にお話を聞いて、菩提寺だったかも?という情報をもらえました。
・兵庫県の公文書館にて、今まさに古文書と格闘しています。
・全国に出した珍しい名字の方のお手紙に、さっそくお電話ありました。「私も興味があって」と嬉しそうな声でした。

 写真は1-3月でまわった全国のNHKカルチャーでいただいたアンケート用紙です。170名以上の方とお会いし、9割以上の回答をいただきました。この中に将来の弊社調査スタッフも見つかるかもしれません。 
 14ヶ所中、5ヶ所の延期がありましたので、落ち着いたら順次再開していく予定です。

福山・広島報告

福山・広島報告

どちらも戦争のため戸籍謄本が焼失し、失われた過去を取り戻したいと思うためか、NHK文化センターでの講座は過去最大の受講生数となりました。
「すぐにはじめます」
「調べ方がわかった」
「わかりやすかった」
等と感想をいただき、概ね良い反応だったと思います。
講座の翌日は、皆さんにエクセルや資料をお送りするため、メールアドレスを必死に入力し送信していますが、なかなか読み取れないのが難点。でも何とか頑張っていますので、待っててくださいね。

福山では、地元でしか食べられない「チイチイイカ」「ネブト」そして蒸し牡蠣などを地元の酒でいただきました(^^)/広島では初めての平和記念資料館。やっぱり泣けてきます。たっくさんの海外の方々が来られていて良かったなと思いました。

少しおいて、来週宇都宮、3月には新潮講座の他、川越・千葉・いわき・郡山・大分・熊本とドサ周りは続きます。

郷土史を読む

郷土史を読む

あまり人が読まない郷土史ですが、わが社にとって郷土史はお宝です。


ご自身のファミリーヒストリーを知りたいと思う人が増えれば、もっともっと郷土史の読者は増えて、ご先祖への思いだけでなく、地元愛が増幅するかもしれないですね💛

各地のスタッフも、目を皿のようにして地元の郷土史を読んでいます(^^)/。

軍歴証明は取得したけれど…

 軍歴証明は取得したけれど…

父や祖父、叔父などの軍歴証明を取得するお手伝いを数十件させていただいています。

少し面倒ですが、何とか取得できた! 問題はその後です。

文字が読みづらい、旧字、くせ字が読めない

輜重兵って、野砲兵って、近衛兵って何?一等兵、上等兵、伍長…どういう立場?

なぜ中国のここにいたの? フィリピンではどんな戦いだったの? どんな隊で普段はどういう暮らしだったの?

同じ隊に所属した兵士が書いた手記も集めながら、解説も行っています。軍に詳しいスタッフが複数。少年飛行兵に特化して詳しい協力者もおります(^^)/。

※写真は最近納品したフォルダータイプの家系図開閉と黒い革状の表紙の歴史報告書です。

字が○○過ぎて読めない!!

字が○○過ぎて読めない!!
せっかく取寄せた最も古い戸籍謄本の文字が、達筆過ぎて読めない、小さすぎて読めない、旧字で読めない、そんな方から多くお声掛けいただきます。 ワード・エクセルで活字化しています。困った時はお問い合わせくださいね。
写真はここのところ出没していた場所です(^^♪ 

終日国会図書館

終日国会図書館

 朝、議事堂の脇を歩いていてイチョウの実がなり、歩道がかなりの落下物でかぐわしいニオイ(^^)/

 帰りは夜空に浮かぶ議事堂がキレイだったので。

 一回3冊しか借りられない書籍のため、何十往復もして足が疲れました。でも、地方ではできない情報収集作業なので、東京に会社がある有り難さを痛感もしています。