「ファミリーヒストリーの調べ方」カテゴリーアーカイブ

クリスマスツリーになる途中

 クリスマスツリーになる途中

 今年も早クリスマスの声が聞こえてきました。竹の塚駅は高架化が進み、年度末には何か動きがあるようです。 
 最近の出来事を二三。

・家系図のお客さまに、系図そのものと簡易報告書をお褒めいただきました。わかりやすく、美しく、がモットーです。
・ルーツ調査のお客さま、ご契約後現地へお墓詣りに行かれるというので、超急ぎで家系図だけでもと作成。知らなかったことがあり、驚いていらっしゃいました。
・やはりルーツ調査の方、ご家族に家系図を見ていただくと、触発されていろいろと思い出して下さいました。わずかな情報も貴重です。
・軍歴解説をしたお客さま、今頃こんなものが見つかった、と従軍して無事に帰還したお父様の終戦までの日記を送ってくださいました。とても貴重。当時の庶民の暮らしと思いが詰まっています。読めるようにまずテキスト化、大変そうです。
・ご自身でも調べた上で、ルーツ調査をご依頼いただいた方、ご報告の度に驚いています! とのこと。まだまだこれからです。
・お手紙を出した後にお電話。やはり現地情報は、現地の同姓の方にお聞きして進展します。  

 今夜からイルミネーションが見えるのでしょうか。その時間までまた頑張ります。

 東京にいながらにして

 東京にいながらにして
・九州と東京と海外をリアルとリモートを合わせてミーティング。私の設定ミスで、途中強制休憩((+_+))
・岩手のスタッフが宮城のお客さまと一緒に秋田へ。LINEで進行報告を受けています。
・中国地方スタッフが、公文書館へ。LINEで探す資料を伝えます。
・中国地方案件、出したお手紙にご返信があり、お客さまから感激してますとのメールをいただきました。
・今週も青森、滋賀、埼玉といろんなところから問い合わせがありました。地方スタッフのおかげで、東京にいながらにして調査が進行します。時々遠出したいですが(^^♪

外交史料館

 外交史料館
 雨の外交史料館、久しぶりに入館したのでここのマイクロフィルムの閲覧方法を忘れて、職員に聞きまくりでした。 
 やはり狙った年だけでなく、前後の、それも他の出港地の可能性も考えながらの調査は、簡単ではないと感じています。
 でも、ご先祖様、ありましたよ~(^^♪

 写真は左下が外交史料館ですが、ごしの大規模再開発中のオフィスビルでした。東京タワーもだんだん見づらくなってきましたね。

感動してます。

感動してます。

・アメリカで大正時代に亡くなった方のお墓が見つかりました。現地スタッフの報告が本当に嬉しくて、ご依頼者にご報告。約100年ごしに一族を繋げることができ、また泣きそうです。
・1年ごしのご報告をした方、明治~昭和にかけての商売上の変遷や養子縁組による継続、倒産など、初めて知る事実に驚いていらっしゃいます。
・公文書からわかった養子元を辿って、お会いいただいた方から戸籍情報まで教えていただきました。本当に感謝しかありません。
・公文書館の多数の古文書資料から、ご先祖の名前を発見してくれたスタッフ。実際に閲覧するにはコロナ収束が必要です。
・軍歴解説のご希望も増えています。まずは戸籍謄本、問い合わせ、申請と進み、その後情報量の多寡によって弊社「従軍の足跡」の標準か簡易かのご提案をしています。

 スタッフのお陰で良い仕事ができています。有り難いです。 

日テレ・ニュースゼロに取り上げていただきました。

日テレ・ニュースゼロに取り上げていただきました。

弊社「従軍の足跡」は、軍歴証明を解説し従軍した方のまさにリアルなあしあとが伝わるように調査してご報告するサービスです。軍歴の最初から最後まで丹念に調べて、ご報告していますので、放送ではキーワードを見つけ…とありましたが、派手なところだけでなく、平時のことも含め淡々と調べお伝えしています。  
今回ご協力いただいたお客さまも若いスタッフも、撮影期間は大変だったと思います。それでも「軍歴」を知ることや若い人に繋ぐことがいかに大事なことかを、視聴して下さった皆さんに伝えられたのではないかと思います。 
以下で見られます。
zero公式Twitterhttps://twitter.com/ntvnewszero/status/1426230687384756230?s=19

エゾシカから、暑中見舞い

 エゾシカから、暑中見舞い

…が来た訳ではないですが、北の国のスタッフによるとまだ紫陽花の地域もあるそうです。

・壁に当たったら戸籍謄本に戻れ、そう言っている自身も抜けがあったりします。もっと戸籍謄本があるかもしれないと、再度申請します。
・先週末は、関西スタッフと東北スタッフが新規のお客さまへのヒアリングに行きました。私はオフィスでリモートサポート、と仕事をしながら待機していましたが、無事に任務終了しました。
・お手紙を出していた方にお電話。「忘れてたっ!!」とおっしゃる方、「はいはい、その件ね」とご対応いただく方、反応はいろいろです。
・数年前に現在の名字、今回自身の実家の名字でルーツ調査した方、印刷屋さんに入稿です。合わせて以前の報告書も増刷。お孫さんの数に合わせての冊数だそうです。
・アメリカからのご依頼も、約1年越しのご報告。さらに追加調査のご依頼がありました。

 さて、都立中央図書館行こう♪

求人広告

 求人広告

 オフィスのあるビル1Fに、求人広告を出しています。某学習塾のお母さん、お子さんが勉強している間、働きませんか??

・明治時代までで止まっていた某家のルーツ、お手紙により一気に13代前までさかのぼることに。感謝しかないです。
・珍しい名字の方、旧土地台帳を取得したら、ご先祖と思われる人物の名前がありました。一歩前進。
・調査ご協力者にお聞きし、調査し、さらに結果を連動すると、また記憶を呼び覚まして下さる場合が多いです。ご高齢の方ですが、生きがいになっているみたいです。
・アメリカ国内の調査では、地元新聞のアーカイブから足跡を探しています。外交史料館はコロナで閉館となり、海外移住博物館に予定を変更しています。
・某家は明治時代商家で、有名人との交流情報が見つかったようです。嬉しいですね。
・熱海の土石流では大変心を痛めておりました。2か月前に現地調査したまさにその場所でした。

 私にもワクチン接種券が届きました。予約できるかな?

丸ノ内南口

 丸ノ内南口

 先日、関西からいらっしゃった方と待ち合わせした東京駅丸ノ内南口改札。 
 天井の写真ですが、100年前の1921年11月4日、この下で立憲政友会所属の首相・原敬が暗殺されました。  

 さて昨日もお客さま宅でのヒアリングで、戦国時代から戦前戦後までの一族の出来事をお聞きしました。記憶の情報もあいまいな部分はありますが、貴重な歴史資料です。ご年配のお話にはいつもながら圧倒されますね。

現地調査リモート

 現地調査リモート

 優秀な地方スタッフがいれば、リモートで細かい指示もできるので、とても有り難いです。鳥居写真は四国某所。 
 私はと言えば400枚超えのお客さま宅所蔵文書のデジタル化と、分類をやりつつのリモートでした。 
 そして年に1回の健康診断の道すがら、わが地元には安藤広重のお墓もありました。近い。 
 キレイなつる紫陽花の写真は北のスタッフから。ステキですね~

 ワクチン接種が終了したご高齢の方々が、次々に上京するとおっしゃいます。また地方でもスタッフ派遣案件が増えています。変わらず慎重に行動しなければと気を引き締めています。

お客さまの声など

 お客さまの声など

 梅雨入りしましたね。マスクの中もしっとり(^^♪

・お客さまお手持ちの古い戸籍謄本、崩し字を翻刻してから解読。時間がかかりました。
・別のお客さま、姉の娘と年の離れた弟が婚姻後、姉の戸籍に入るなど、うまくわかるように系図を組版。ふぅっ。
・九州と関西からの資料をそれぞれ読み込んで、ルーツ調査に進めるかどうかの見立てを行いました。
・古い古い歴史を持ったお客さま、近代までの間を埋められるかどうか、氏子だったかもしれない神社に問い合わせします。
・ファミリーヒストリーのお客さま、だいたいの調査ヒアリングが終わったところで、仮の題名をご提案します。いい題名が思いつくと嬉しい(^^)/

 お客さまの声、ホームページにアップしています。https://familyhistoryrecord.jp/customer.html#customer