info のすべての投稿

東京都立中央図書館 開館待ち

 東京都立中央図書館 開館待ち

 現在3時間限定利用となっています。午前の部、開館待ちの空でした。あっついですね。 
 広尾駅から有栖川宮記念公園を通っていきますが、虫の声の元気なこと。シャンシャンシャンシャン♪…と聞こえます。気が遠くなります(^^)/

論文に引用されています(^^)/

論文に引用されています(^^)/

 お客さまのご理解あってのことですが、弊社の調査結果を、地域史を研究されている方に引用していただきました。 
 今後も地域に貢献できる部分については、お客さまのご了解の元、積極的に携わっていきたいと思っています。 
 同時に優秀な調査スタッフにはさらに成長できて、活躍の場が広がる環境を作っていきたいと願っています。

 今月も軍歴担当スタッフやお客さまへの取材が入っていたり、地方での菩提寺・墓地調査があったりと、熱い熱い夏になりそうです。

 文庫本は高村光雲。とっても面白いです。

追記:弊社の歴史報告書や軍歴解説は、史実に基づいて、様々な資料を集めて精査してまとめられています。とても地道な作業の積み重ねでできています。だからこそ時間がかかります。
また史実を逸脱した派手な表現もしていません。ストーリーが先にあるのではなく、事実を積み重ねた上で予想できることを述べるにとどめています。

そんな諸々をご理解いただけるといいなぁと思っています。
 

エゾシカから、暑中見舞い

 エゾシカから、暑中見舞い

…が来た訳ではないですが、北の国のスタッフによるとまだ紫陽花の地域もあるそうです。

・壁に当たったら戸籍謄本に戻れ、そう言っている自身も抜けがあったりします。もっと戸籍謄本があるかもしれないと、再度申請します。
・先週末は、関西スタッフと東北スタッフが新規のお客さまへのヒアリングに行きました。私はオフィスでリモートサポート、と仕事をしながら待機していましたが、無事に任務終了しました。
・お手紙を出していた方にお電話。「忘れてたっ!!」とおっしゃる方、「はいはい、その件ね」とご対応いただく方、反応はいろいろです。
・数年前に現在の名字、今回自身の実家の名字でルーツ調査した方、印刷屋さんに入稿です。合わせて以前の報告書も増刷。お孫さんの数に合わせての冊数だそうです。
・アメリカからのご依頼も、約1年越しのご報告。さらに追加調査のご依頼がありました。

 さて、都立中央図書館行こう♪

本日の葛飾区と足立区

 本日の葛飾区と足立区

 足立区郷土博物館には、一旦葛飾区に入ってからバスというルートで向かいます。まずは両さんの背中にご挨拶してからの、古文書閲覧でした。 
 郷土博物館の庭園は涼やかなはずですが、池のコイは暑そうです…((+_+))

お客さまの声、届きました。

 お客さまの声、届きました。
 「生きるモチベーションが上がった」は嬉しいですね!!

・移民後の足跡を調べている方、働いていたのは炭鉱かもしれないという資料が出てきました。大爆発も起こっており、現地情報を海外担当に引継ぎました。
・スタッフがルーツ調査にご協力いただいている方のご自宅訪問。初めて見る古い写真をお持ちでした!
・戸籍謄本の古い本籍地住所では、今どこかがわからないケースも多いです。狭い町だと住宅地図から名前を発見しやすいです。国会図書館の地図室から5冊の住宅地図を抱えて移動すると、息が上がります。
・大岡昇平の『俘虜記』読み終わりました。また今年も終戦記念日が近づいてきました。まだまだ知らないことが多いと実感します。

 9月中には私もワクチン接種完了予定。引き続き頑張りましょう。

お参りしてきました。

 お参りしてきました。
 偕行文庫へ行ったので、お参り。 
 なんだか雲行きがあやしく、威圧されるようなムードが…(>_<)

この後地下鉄に乗りましたが、竹の塚駅では降った後の青空でした。

求人広告

 求人広告

 オフィスのあるビル1Fに、求人広告を出しています。某学習塾のお母さん、お子さんが勉強している間、働きませんか??

・明治時代までで止まっていた某家のルーツ、お手紙により一気に13代前までさかのぼることに。感謝しかないです。
・珍しい名字の方、旧土地台帳を取得したら、ご先祖と思われる人物の名前がありました。一歩前進。
・調査ご協力者にお聞きし、調査し、さらに結果を連動すると、また記憶を呼び覚まして下さる場合が多いです。ご高齢の方ですが、生きがいになっているみたいです。
・アメリカ国内の調査では、地元新聞のアーカイブから足跡を探しています。外交史料館はコロナで閉館となり、海外移住博物館に予定を変更しています。
・某家は明治時代商家で、有名人との交流情報が見つかったようです。嬉しいですね。
・熱海の土石流では大変心を痛めておりました。2か月前に現地調査したまさにその場所でした。

 私にもワクチン接種券が届きました。予約できるかな?

丸ノ内南口

 丸ノ内南口

 先日、関西からいらっしゃった方と待ち合わせした東京駅丸ノ内南口改札。 
 天井の写真ですが、100年前の1921年11月4日、この下で立憲政友会所属の首相・原敬が暗殺されました。  

 さて昨日もお客さま宅でのヒアリングで、戦国時代から戦前戦後までの一族の出来事をお聞きしました。記憶の情報もあいまいな部分はありますが、貴重な歴史資料です。ご年配のお話にはいつもながら圧倒されますね。

戦地からの手紙

 戦地からの手紙
 ファミリーヒストリー記録のお客さまが大事に持っていたお父さんの、戦時中のお手紙。やっぱり旧仮名遣いや、崩し字は読みづらく、なかなか頭に入ってきません。
 そこでテキスト化し、現代語に翻訳して差し上げています。翻訳しながら、どうしてこんなに胸にせまるのかと思います。生きて帰ってきた方、戦地で亡くなった方、みな家族のことを思って書いたお手紙です。泣(>_<)

 弊社では、戸籍謄本翻訳サービスもしていますが、そういった戦前書かれたくせのある文字たちとも向き合っています。