東京にいながらにして

 東京にいながらにして
・九州と東京と海外をリアルとリモートを合わせてミーティング。私の設定ミスで、途中強制休憩((+_+))
・岩手のスタッフが宮城のお客さまと一緒に秋田へ。LINEで進行報告を受けています。
・中国地方スタッフが、公文書館へ。LINEで探す資料を伝えます。
・中国地方案件、出したお手紙にご返信があり、お客さまから感激してますとのメールをいただきました。
・今週も青森、滋賀、埼玉といろんなところから問い合わせがありました。地方スタッフのおかげで、東京にいながらにして調査が進行します。時々遠出したいですが(^^♪

ドライアイに秋を感じる…

ドライアイに秋を感じる… 
 調査において、細かい文字をすばやく見て、名前や地名を見つける作業は常に求められています。 が、私の眼は乾燥に弱く、老眼・近眼・乱視の上、最近では飛蚊も見られ、長時間の文字探しは大変になってきました。やはりぴちぴちした若い眼に期待しています。以下最近の出来事です。

・古い戸籍謄本に「附籍」という続柄がありました。
・歴史報告書、ハードカバーだけでなく増刷として簡易綴じの依頼も多いです。最近のお気に入りはパステルブルーの製本テープ💛
・家系図やルーツ調査のご依頼は増加しており、時間がかかってしまうこと、お願いしています。
・マスコミに取り上げられて、8月中旬以降にご依頼をいただいた軍歴解説「従軍の足跡」。とても心に迫る報告書がぞくぞくと仕上がってきています。
・国会図書館の抽選も、母数が多くなってきており、くじ運が問われます。やっと来週当たりました。
・くじ運と言えば、写真はオフィスですが、この時期になるとハロウィンくじを引けます。おっと当たってしまいました。くじ運の無い私が当たるくらいなので、当たりくじが増えたのかもしれないですね。景気拡大を祈って(^^)/

外交史料館

 外交史料館
 雨の外交史料館、久しぶりに入館したのでここのマイクロフィルムの閲覧方法を忘れて、職員に聞きまくりでした。 
 やはり狙った年だけでなく、前後の、それも他の出港地の可能性も考えながらの調査は、簡単ではないと感じています。
 でも、ご先祖様、ありましたよ~(^^♪

 写真は左下が外交史料館ですが、ごしの大規模再開発中のオフィスビルでした。東京タワーもだんだん見づらくなってきましたね。

足立区の自宅もオフィスも無事です。

 足立区の自宅もオフィスも無事です。

 昨夜の地震はびっくりしましたね。夜から朝にかけてヘリコプターぶんぶん飛んでいます。 
 本が倒れていたり、CDが落ちていたり、キャビネット、袖机が開いていたりするくらいでした。ただしばらくは心配ですね。
 写真は、電線に引っかかったプラモみたいに見えますが、ヘリです(*_*;

第四十四国立銀行根室支店

 第四十四国立銀行根室支店

 10日ほど前の写真ですが、根室市内にある史跡標柱です。往時は鉄道も走っていなかったので、海運等で栄えていた時期もあったようです。以下説明文。

根室最初の銀行は、明治11年にこの場所に設けられた第四十四国立銀行根室支店である。明治10年代は、根室の経済が急速に発展し、中央の金融資本が相ついで根室に進出した。同13年に三井銀行出張所、同16年に山田銀支店、同19年に第二十銀行出張所が設けられた。第四十四国立銀行根室支店は同15年に廃止された。

北海道は良い季節です。

 北海道は良い季節です。
 会う者全員のワクチン接種完了後、課題を抱えた高齢の父に会い、無事を確認。衰えはあるものの、昔の話はジョークを交えて語ってくれました。結局ヒアリングに終始した帰省でしたが…(苦笑)。 
 写真は札幌市内。これからがとてもいい季節です。

お墓参りの季節です(^^)/

 お墓参りの季節です(^^)/
 お彼岸ですが、たまたま読み始めた本で、文人のお墓の掃苔記録です。 
 それにしてもお墓って記録媒体として考えると、すごい存在だと感じます。新しく建てるお墓にも記録を残してほしいと思う、歴史調査の視点でした。