カテゴリー別アーカイブ: ファミリーヒストリーの調べ方

まぶしい5月

まぶしい5月
 
大木の根元から空を見上げています。
 
・5/24東商足立支部セミナーは37名、あと少しで満員です。
・新潮講座は都心の日曜日だったせいか、働き盛りの受講生ばかり。いつもは「もっと若ければ…」という感想をいただいていました(苦笑)。
・煮詰まっていた調査が、ご親類のわずかな記憶から一気に進みそうな案件、いくつか。
・史学の大先生に貴重な情報をいただけるようになり、感謝!

お隣さんからのいただきもの(^^♪

お隣さんからのいただきもの(^^♪
 
・数ヶ月探していた方にやっとメールを送ることができました。明治~大正時代の資料をお持ちかもしれない…
・家系図のお客さま、休日にたまたま遠縁の方と話したら、もっと古いご先祖がわかるかも、とのことで情報待ち(^^)/
・某国大使館・領事館・日本人会・図書館など、弊社海外担当が頑張ってくれましたがなかなか核心にせまれず。そんな時もあります。無かったことも結果ですね。
・そして、調査のデジタル化・効率化を目指して検討していたところ、入居したお隣さんがお菓子を持っていらっしゃいました。IT系学部の大学発ベンチャー。いろいろ聞いちゃいました。

ファミリーヒストリーを知る前後

ファミリーヒストリーを知る前後
 
綺麗になった刀の納品、崩し字何万文字翻刻、赤外線撮影による文化財の解読…今日も国会図書館で「別室」というところに行き、明治の資料を閲覧してきたりと、毎日忙しく過ごしています。
 
それでもファミリーヒストリーのセミナーを行う理由は、何か?
 
ファミリーヒストリーを知った後のお客さまの変化、その経験を多くの方に伝えたいからだと思います。「生きる力を授かる」「子や孫のお守りになる」そんな経験なのだと思います。

2の5乗

2の5乗
 
自分の両親、祖父母、曽祖父母、高祖父母、高祖父母の父母…の戸籍謄本を全て取得したいという方にもご協力していますが、かなりの「頭の体操」感あります。32姓もの名字が出てきて、養子元も、夫婦とも、となるとさらに増えます。
 
皆さんもトライしてみてくださいね~2036年から戸籍謄本の廃棄も始まるかもしれません。18年ってあっという間です。

ちりりん二人…(^◇^)

ちりりん二人…(^◇^)
 
 今日は桶川。ご自宅から近いという共同墓地まで、自転車で行こうとおっしゃるので、久しぶりのちゃりんこ乗り。
 元気な80代の後ろについて走りました。最近ぎっくり腰っぽい私、「結構遠い~(>_<)」と泣き言を言ってはいけませんね…トホホ。
 でも風は清々しかった♪

執念の外交史料館

執念の外交史料館
 
 何度か探しに行っても出てこなかったフィリピンへ渡航したご先祖様。
 渡航記録は戦前は県ごとに分かれていますが、本籍地県には無く、文献から移民が多かった県も見てもなく、こうなったら3000ページ以上あるマイクロフィルムを全て見ようと決意。最低3本のマイクロフィルムは見なくてはと、ため息をつきながら作業開始。
 
 予想していなかった県にありました(>_<)。そして以降はその県を中心にご先祖さまの親類関係も探していきました。
 
 目・肩・腰にハードな仕事です。
 写真は午前中の国会図書館前の桜、残り2枚は外交史料館帰りの雁木坂です。